toggle

心に染み渡る!黄金に輝くトゥラルパン礼拝堂

by 6月 17, 2020

今回ご紹介するのは、バラガン晩年の傑作です。
光と影の織り成す神々しい空間がなんとも幻想的です。
ご覧ください^^

たびすき

<トゥラルパン礼拝堂の場所と行き方>

トゥラルパン礼拝堂 【 Capilla Capuchinas】


住所

【Col. de, Miguel Hidalgo 43, Tlalpan Centro I, 14000 Ciudad de México, CDMX, Mexico】



こちらも私はタクシーでいきました。


地下鉄の駅からはそこそこ遠そう。

要予約です。

シスターが案内してくれました。

あっちこっち見ながらもたもたしてたら、「こっち!!はやく!!」と怒られちゃいました。


ゆっくり見たかったのに~・・^^

<トゥラルパン礼拝堂とは?>

1955年、バラガンが自財を投じて長い年月をかけ再建したそうです。


外観は簡素で目立たない雰囲気。

入り口を入り、池のある静かな中庭を通って奥に進みます。


礼拝堂に入ると雰囲気は一辺。

オレンジ色に塗られた壁に強い黄色い光があたり
赤?黄色?オレンジ?金色?何とも言えぬ光の色に包まれます。


床には巨大な十字架が刺さっています。

この空間の中で修道女たちは静かに祈りをささげています。

<トゥラルパン礼拝堂の見どころ>

宗教建築なのですが、作りはとても簡素。


祭壇も椅子もとてもシンプルな形状です。


十字架なんてほんとに床にドン!と置いてあるだけみたいなおさまりで。


でも、黄色いステンドグラス越しに光が入って壁を照らすとオレンジの光に包まれてかなり幻想的な空間になります。

なんか天使がお迎えに来そうな・・・


オレンジというか、かなり赤に近い空間のイメージなのですが、不思議と静かで心穏やかになるのです。


心洗われ清められる気がします。

<まとめ>

トゥラルパンの礼拝堂は光の作り出す空間が幻想的!
オレンジの光に身も心も清められますよ。

心も体もとっても魅了された旅。

この旅での経験も、今の建築のお仕事に生かされていることは間違いありません。

毎日の食事には安全・安心を求めても、
家にどんな素材が使われているか、
それが身体にどんな影響を及ぼすか
を考えている人は少ないかもしれません。

でも、毎日暮らす家が健康に影響を与えるとしたら…。


わびすきでは、設計士の子育てと家づくりの経験から
無添加住宅の設計代理店として、
むかしの家づくりのバランスをお手本に
漆喰や天然石、無垢材など
吟味を重ねた天然素材を使用した
安心して暮らせる家を提案しています。


それと同時に、
子育て中のママを助けるアイデアも盛りだくさん。


どんな暮らしをしたいのかを
しっかりヒアリングして
完全オーダーメイドの家づくりをサポートします。


この世にたったひとつの
大切な家と暮らし方を
一緒に考えませんか?


まずはお気軽に資料請求ください。

お問い合わせはこちら

もしくは、お急ぎの方は
お電話もしくはLINE@にてお問い合わせいただくと
対応がよりスムーズです。


Tel078-220-7205


公式LINE@xp13565h で、ID検索ください。

LINE@

あなたにお出会いできるのを、心待ちにしています。


一級建築士事務所 わびすき

一級建築士事務所わびすき各SNSアカウントでは、見学会やイベントのお知らせほか、建築にまつわる情報をお届けしています。

6月 17, 2020 | by | TEL: chieko@wabisuki-arc.jp
Posted in BLOG, NEWS, TRAVEL | Tags: |